大学病院

北里大学メディカルセンター(旧北里大学北里研究所メディカルセンター病院)

北里大学メディカルセンター(旧北里大学北里研究所メディカルセンター病院)では、近隣住民に信用される病院を心がけています。近接性を重んじた治療を行っています。丁寧な看護体系7:1で看護にあたっており、ナースは患者の様々な症例に合わせて、臨機応変に対処できるよう勤しんでいます。

埼玉医科大学総合医療センター

埼玉医科大学総合医療センターは、埼玉県川越市鴨田辻道町1981に建てられています。916床の病床を備えています。患者と看護師との間が近い看護にあたっています。がん診療連携拠点病院/地域がん診療連携拠点病院/高度救命救急センター指定/埼玉県災害拠点病院指定/救急指定病院/日本医療機能評価機構認定/総合周産期母子医療センター/県のドクターヘリの基地病院の指定があります。指定を受けた医療機関として機能を担っています。

埼玉医科大学国際医療センター

埼玉医科大学国際医療センターには、700床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。700床の病床があります。治療を受ける患者のメンタルのフォローも重視しています。看護部では、看護師554名おり、画一的な2交替/3交替の下、温かみのある看護を行っています。パクリタキセル静脈内投与(一週間に一回投与するものに限る。)及びカルボプラチン腹腔内投与(三週間に一回投与するものに限る。)の併用療法 上皮性卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん/パクリタキセル静脈内投与、カルボプラチン静脈内投与及びベバシズマブ静脈内投与の併用療法(これらを三週間に一回投与するものに限る。)並びにベバシズマブ静脈内投与(三週間に一回投与するものに限る。)による維持療法 再発卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がんなどの先進医療を実施しており、医療スタッフや医療機器の治験の整備に対しても重きを置いています。

埼玉医科大学病院

埼玉医科大学病院には、1085床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。病床が1085床備えられており、治療が必要な患者のメンタルのフォローも大事にしています。看護部では無理のない2交替/3交替を取り入れています。オフの充実も気を配った勤務体制にあたっています。子育てをするナースが気になる保育所については、保育所はあります。職場復帰研修など、それ以外の支援情報も探ってみましょう。

獨協医科大学埼玉医療センター(旧獨協医科大学越谷病院)

獨協医科大学埼玉医療センター(旧獨協医科大学越谷病院)には、923床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。ベッド数が923床完備されており、治療を受ける患者に対するメンタルのフォローも忘れません。看護師に無理のないチームナーシング(一部プライマリーケア)を採用し、1人1人の看護師の力を活用できるような看護が実現されるように励んでいます。

自治医科大学附属さいたま医療センター

自治医科大学附属さいたま医療センターの医師、看護師などの医療職員は1228人籍を置いています。ナース以外の院内スタッフとの連携も重きに置いています。入院患者は422名あり、急な入院にも心の通った看護を目指しています。